アメブロ書くだけビジネス

色々なビジネスを見てきたけど、一番すごいのは?

僕は、ネットビジネスを10年以上やっているので、色々なビジネスを見てきましたし、取り組んできました。

今日は、このビジネスはすごいなあと思ったビジネスモデルをお話ししますね。

コンサルビジネス

僕もやっていました。過去形にしているのは、今はやっていないからです。コンサルを受けてしまうと、自分のことよりもクライアントさんに集中してしまい、手が回らなくなってしまうからです。

でも、しっかりとした体制を作り込み、取り組むとすごいことになると思っています。

僕が販売していたコンサル企画は、およそ50万円だったんですね。

これが毎月10本とか売れてしまうと、売り上げは、500万円になっていく。

もちろん、サポートがそれだけ大変になるんですが、それでも大きな売り上げがあると、お金には、苦労しなくなりますよね。

でも、ネットビジネスの凄みというのは、

「時間の自由」

なんだと思うんです。

クライアントさんがたくさんだと時間の自由が・・・。

FX

FXは、ギャンブルという人がいますが、それは、FXを知らないから、そんな言葉が出てしまうんですよね。

実は、FXは、もう5年目ぐらいになるんです。こっそりとやっています。

ネットビジネスもレバレッジは、大きいのですが、FXのレバレッジは、破壊力が抜群です。

実験的に、10万円を1ヶ月でいくらまで増やせるかってやってみたんですが、100万円まではあっという間にできてしまいました。

今でもコツコツとやっていますが、今は、そういうことは一切せず、資金を300万円にして、月利20%前後を目指してるんですよ。

すると、悪くても10%ですし、良い時は、30%ぐらいまで行くので、増えた分出金して、生活費にしています。

※画面は撮影用のイメージです

MLM

ネットワークビジネスって、怪しいというか、ちょっと嫌ですよね。

ちょっと嫌でも、数回ぐらい誰もがやってことはあると思うんですよ。僕もそうです。

一番最初にやったのは、アムウェイなんですけど、僕は、アメリカの製品が大好きなので、誘われた時は、製品を使いたいという気持ちが強かったんです。

でも、紹介してくれた人が、ビジネスとして取り組みましょう、というので、やってみたんですが、大変でした。

SPだったか、GPだったかのタイトルは獲得したんですけど、いやあ大変でしたね。

結局、アップの人の行動に不信感を持ってしまったので、辞めたんですけど、MLMの報酬体系は、すごいと思っています。

組織を作って、組織が崩れないように、サポートしていると、継続的な報酬が発生し続ける。

また、権利収入になるので、その権利を子供に譲れる。これって、他のビジネスには、ないですよね。

アフィリエイト(聞いた話)

友人起業家の方で、ブログサイトアフィリエイトをしている人がいるんです。

彼は、なんと、毎月、アフィリエイト報酬が5,000万円前後だそうです。最高月収は、9,800万円。やばいですよね。

ただ、10名ぐらいの組織を作って取り組んでいます。

彼が言うんですが、今の時代は、組織や会社がブログアフィリエイトに参入してきているので、個人で戦うのは、非常に厳しいそうです。

『アメブロ書くだけビジネス』

『アメブロ書くだけビジネス』は、その報酬体系が、継続報酬が得られるアフィリエイトのようなイメージなんですよね。

継続報酬って嬉しいですよね。

個人の力では、ほぼ攻略が難しいと言われるアフィリエイトビジネスですが、それがシステムとなっていて、仕組み化されているんです。

アフィリエイトは、すでに個人では無理。コンサル企画販売は、教えるだけの力がないと無理。ネットワークビジネスは、やればできるかもしれないけど、友達誘うの無理。

『アマブロ書くだけビジネス』は、難しいビジネスモデルではないので、初心者の人でも、忙しい人でも取り組みます。

このビジネスは、サポート体制もしっかりとしているので、何かやりたいと思うなら、まずは、メールセミナーに登録して、その全貌を確認してくださいね。

 

関連記事

  1. ネットビジネス副業として取り組んでもなかなか継続できない理由

  2. 『アメブロ書くだけビジネス』のサポート体制について

  3. 『アメブロ書くだけビジネス』は、ブランディング戦略って必要ありません。…

  4. 『アメブロ書くだけビジネス』が安心安全なビジネスの理由

  5. ベネフィットをしっかりと伝えあなたのビジネスを加速させよう

  6. 主婦大歓迎の在宅ワーク!『アメブロ書くだけビジネス』

  7. 自分スタイルでビジネスを構築していこう

  8. 楽しみながらビジネスに取り組むことが大切

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。