自分スタイルでビジネスを展開していても自己投資は欠かせない

自己投資は欠かせないと言う理由

ビジネスをしっかりと安定させるために、自己投資は欠かせません。

では、なぜ自己投資は、必要なのでしょうか。その点について、考えていきましょう。

自分スタイルでビジネスを展開している場合

自分のスキルを前面に売り出してビジネスを展開している場合ですが、そのような方は自己投資の必要性を一般的な会社員の方に比べるとしっかりと意識されていると思います。

今の自分スタイルのビジネスモデルのスキルを磨くために、すでに自己投資を繰り返しているからです。

資格を取るのも自己投資に他ならない

サロン経営をされている方の多くは、しっかりとそのスキルを身につけるために、自己投資をしています。

普通に考えればすぐにわかることですが、美容師さんにしても、ネイリストにしても、サービスを提供できるレベルになるまでには、相当勉強されているはずです。

スキルは、資格を伴うものがありますが、この場合、とてもわかりやすいです。

と言うのも、例えばネイリストさんの場合も、「認定ネイリスト」になるためには、しっかりとしたカリキュラムをこなさなければなりません。

また、医師や弁護士のような資格を取る場合は、医学部や法学部を卒業し、国家試験に受かる必要がある。

医学部や法学部で学んでいると言うことは、その学費を親御さんが負担していたとしても、自己投資をしていると言う認識を強く持つべきでしょう。

このように、資格を取ると言う側面においては、日本社会では自己投資は当たり前になっているのです。

マーケティングスキルの自己投資は足りない現状

整体、マッサージ、カイロプラティクス、ネイル、ヨガなどサロン系の自分スタイルのビジネスを展開している場合、マーケティングスキルをおろそかにしてしまっていることというのは、とても多い印象です。

ラーメン屋さんで、味に絶対の自信があり、食べていただければ確実にリピートしてくれると思っていても、お客様をしっかりと呼び込むことができなければ、売り上げは上がりません。

このことは、実店舗を構える時に、考慮するのです。駅前がいいとか、人通りが多いとか、です。

確かに、人が多くて便利な場所で営業することができれば、特にマーケティングスキルを学ぶこともなく、ビジネスを軌道に載せることは容易でしょう。

しかし、そのような好条件の店舗を用意できる可能性というのは、少ないのです。もちろん、多くの資本があれば別ですが・・・。

自分スタイルでビジネスを展開した場合、初期資金などを考慮して、やむなく「一等地」以外の選択をすることがとても多い。

そんな時は、しっかりとマーケティングスキルを学ぶ必要があります。

マーケティングスキルもしっかりと自己投資するべき

上でも話したように、資格を取ることやしっかりとしたサービスを提供するためのスキルは自己投資をして、それらを得ようとするのに、マーケティングに関しては、後回しにしてしまう傾向がある。

やはり、根底に、これだけのサービスを提供するのだから、お客様が来てくれて当たり前だというような誤った認識が強いのだと思います。

さらに、マーケティングを学ぶために、自己投資をすることに、躊躇してしまうので余計に自分ビジネスは安定しません。

人は、目に見えないものに自己投資をするのは、怖いものです。

この学校に通ってしっかりと勉強すれば、国家資格も取れてしまうというようなものとは違って、マーケティングには、それぞれの個性や実情が違うので、マーケティングに正解というものがないからだと思います。

でも、しっかりとしたスキルを持っていても、それを生かさないことには売り上げも上がらないわけです。

売り上げをあげて、収益を生み出すということがマーケティングの最初のハードルです。

ここをしっかりと自己投資すれば、どんなビジネスでも安定して稼ぎ続けることが可能になります。

まずは集客を強くしていく仕組みを作ろう

マーケティングという言葉を使っていますが、最初の段階では、集客に特化するべきでしょう。

集客がなかれば、当然売り上げも上がらないわけですから。

集客を考えていく場合、仕組みを作ってしまうと売り上げは、早い段階で安定していきます。

もちろん、提供するサービスがより良いものであることは大前提です。

何から作り上げていけばいいのか

自分スタイルでビジネスを構築している場合ですが、ブランディングを作り込むことが大切になります。

ここでは、ブランディングについて詳しく解説することは割愛しますが、ブランディングを作る必要があるんだな、と理解してください。

最初に、作り上げて欲しいもの、それは、

・理念を発信する媒体

です。

ブログが一番のオススメですが、一般的なホームページでも構いません。ただ、できれば、無料で使えるプラットフォームだけにとらわれないで欲しいと思います。

無料で使えるプラットフォームとは、アメブロ、facebook、ツイッターなどなどです。

無料で使えるものは、運営側の規約変更で、集客に使えなくなってしまう恐れがあるのです。

もちろん、併用するという形であれば、問題はありません。というか、併用することをお勧めします。

共感ポイントをしっかりと前面に打ち出す

理念をオリジナルサイトに公開すると、その理念に共感してくださるお客様は、必ずいます。

また、理念だけではなく、好きなことや趣味とか、ビジネスとはちょっと遠いことを発信するのも大きなポイントです。

小さなことかもしれませんが、「猫が好きです」と書くだけで猫好きが集まって来てしまうことだってあるのです。

勘違いして欲しくないのは、どうでもいい生い立ちとか苦労話です。たまに、見かけますよね。〜〜高校卒業後、〜〜大学に入り、〜〜に興味をもち、〜〜に行った、とか。

そういうのも直接的な会話の中では有効かもしれませんが、共感ポイントにはなりにくいです。

具体的な共感ポイントは

では、具体的な共感ポイントはというと、あなたのライフスタイルがとても大きなものになります。

ライフスタイルと言っても、何を食べたとか、どこかにお出かけしたとかじゃありません。

ファッション、趣味、嗜好、好きな本・・・。

これらは、大きな共感ポイントになります。

好きな服のブランドがあったら、それをさりげなく着こなし、SNSなどで発信してみる、好きな映画のことを語って、何故好きなのか、その理由を話してみる。

このようなことは誰にでもできることです。ですが、これらを意識してやっている人が少ないのです。

やっている人が少ないからこそ、差別化できるし、共感ポイントを作ることができて、さらには、集客に繋がっていく。

僕の知人ですが、不動産業をしている知人がいますが、彼は、還暦に近いのに、こだわりのファッションセンスが抜群なのです。

履いているジーンズや靴などは、知っている人からすると同じ価値観を持っていると思われます。

同じ価値観を持っていると思っていただけると、親近感が増していき、高額な物件の話も聞いてみたいと思ってしまう。

このようなことは、人の心理です。

自分メディアをしっかりと作っていこう

自分スタイルでビジネスを展開しているなら、まずは、しっかりと自分メディアを作り込んでいきましょう。

自分メディアを作っていけば、多くの方に理念や共感ポイントを発信することができるし、何よりも「あなたらしさ」を伝えることができるのです。

ここを作り込んでから、仕組みを作っていく。

この流れが王道であり、一番効率が良い方法だと思います。

そのためには、あなたのストーリーを作っておくことが必要になります。ストーリーとは、プロフィールと若干似ていますが、ターニングポイントで思ったこととか、経験したことを具体的に言葉で表すことです。

あなたもちょっと考えてみて欲しいのです。きっと、この記事を読んでいるあなたも、美容室や歯科医院などは、毎回同じところに行っていると思うのです。

それは何故でしょう?長年通っているからということも大きな理由かもしれません。

でも、そのほかに何かきっとあなたが共感するポイントがあるはずです。

そこを見つけだして、最初は真似していけばいい、こんな風に考えればシンプルですよね。

The following two tabs change content below.

天野明

マーケッター、コンサルタントとして活動中。山梨県小淵沢にて、田舎ライフを満喫しています。多くの方に「自分で稼ぐスキル」を身についていただきたいと思っています。お気軽にお声がけください。

関連記事

  1. 行動する勇気がない?行動することが何より大切です。

  2. 努力というのは、一体どんなことなんだろう

  3. ブランディング戦略を考えてしっかりと情報発信しよう

  4. ネットビジネス副業として取り組んでもなかなか継続できない理由

  5. ベネフィットをしっかりと伝えあなたのビジネスを加速させよう

  6. 継続は力なりというけれどそれはビジネスも同じです。

  7. 自宅の一室でネイルサロンを経営するために必要な戦略

  8. 副業で稼ぐためには自己投資が欠かせない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。